wait me, I'll catch up with you.
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
(シリーズ:今更の話)ジャニーズWESTあけおめコンの感想。


お正月の現場はじめはジャニーズWESTちあでした〜!!

いやー毎回思うけどジャスミンの皆さん若い。あと、ネタに走ってるヲタが皆無だよね。
エイトコン名古屋の時、相方と2人で「日本酒と徳利の着ぐるみ2連で”忘年会しよ!””新年会もしよ!”ってうちわ持つか」って話し合ってた己を恥じたよ…
ジャスミンって呼称はだいぶネタに走ってるのに、ペンライトがコテの形とかネタ以外の何者でもないのに、ヲタの多くは夢も希望も絶望もまだまだこれからのティーンエイジャーだもんな…胸が熱いのと背筋が凍るのとがいっぺんにやってくる!ズンズン!

さて、そんな訳でコンサートの感想ですが、ほとんど覚えてません!(出た)
何故なら前日の夜中まで札幌にいてBBA疲れてたから☆
だからただの思い出しか書けないんだ………。ふがいないよ……でもいつものことだから書くね…ズンズン…

いま、ジャニーズWESTはMYベスト老体にムチ打って行く価値のあるコンサートです。
衣装さん絶対じゅんたくんの美脚で遊んでるよね?ってksksできたし、アンコールで近くに来てくれた重岡くんはどんどんどんどん男っぷりを上げてくるし(この前まで夏休みにチューペット咥えて暑いだなんだって悪態ついてる弟って感じだったのに!)、夢も希望も絶望も進化も安定もまだまだこれからだ!!がんばれデビュー組のキラ星!!ジャニーズWESTちあ〜!!!

その未来にガッツリ付き合う気でいる相方と違って、「わたしはこの子らをいつまで見ていられるだろう……」と、孫が遅くできたおじーちゃんおばーちゃんのような気持ちでいます。淳太くんとか普通に1個上なんだけどな!

5月の横浜も勿論行くつもり!
なので楽しみ〜!ズンズン!
16:50 こんさーと comments(0)
(シリーズ:去年の話2)エイトコンで名古屋行ってきた。
つんく♂さんに感化された(前エントリ参照)ので、がんばって記憶を引っ張り出して現場の感想を書いてます。

関ジャニズム、名古屋12/27-28をもって個人的にはツアー終了でした。
JB、十祭を入れると2014年は9回もエイトの現場に入ったみたいで。
好きだな!!好きだよ!!

ではでは、長いですが早速感想を。

関ジャニズム LIVE TOUR 2014>>2015

00.おえかき
想像通りのスタート曲。
でもこれ非常にアッサリしてたので、せっかくなら何か映像とかあってもよかったなぁ。それか、we are SMAP!っていうツアーの時、地球のかぶりものをしたダンサーがアリーナをうろうろしてて、開演間近になるとステージに集合していくっていう演出があったんだけど、せっかくみそじぃとか作ったのでそういう手に出るのもよかったと思っている。

01. EJ☆コースター
アイドルー!!!!!!!
この手のハデハデ始まりは8uppersの時の浮世踊リビトを思わせますね。さすがエイトはモニターの使い方をよく分かっていて、いきなり大きめの分割画面で自担ウォッチができるっていうのがすごく嬉しかったです。

02. 無責任ヒーロー
まぁそうなるよね!

03. がむしゃら行進曲
わたし、がむしゃらのダンスがすごく好きで、これは珍しくMV見ながら練習したやつです!がむしゃらは曲も詩もMVもだーい好き。コンサートでは毎回思いっきり一緒に踊ってました。

余談ですが、この曲リリース以降私と相方の間では中高生ぐらいの三馬鹿担を見かけると「明日の光」と呼ぶのが流行ってて、
「今日うちらの近くにすばちゃん(横山さん、ヒナちゃん)の明日の光いたね」
「輝き続けてくれ」
という会話が流行りました。
全4回の公演で勝手に我々に輝きを祈られた中高生エイターさん、重くてごめんね青春☆〜(ゝ。∂)

04. RAGE
ゆるさない(突然)
…これ、何らかの映像終わりにセンステで華々しくやる曲とちゃうんか……センターモニターにヒナちゃんの真っ直ぐな瞳で「つーかーみーとーれー」がアップ、左右サイドモニターに誇らしそうにそれを聴いてるすばちゃんと気にしてないふりの横山さんアップとちゃうんかい……(>_<)
まさかバクステ始まりトロッコ移動曲にされてしまうとは。ヒナちゃんの格好いいやつでしょうがこれは!
※相方も私も、ヒナちゃんのことになると簡単にモンペ発動するけど倉すば担です。

05. FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN
これは、自分の中で一番現場化けした曲!
エイトさんって白シャツ一枚で男同士ガヤガヤしてる時がいちばん色っぽくてアイドルに見える……(>_<)
文学少女が海の家のヤンキーに憧れるような気持ちにさせてくる……(>_<)
エイトさん自身もどうやらそういう時が楽しいようで、回を追うごとにエスカレートしていく丸山の衝動には随分笑わせてもらいました。
あと、じたんの「踊りたらんねん」と横山さんに振る時の「よこちょー」がセクシーすぎて興奮不可避!!!チャラい!!!!!!好き!!!!!!!

06. 三十路少年
振り付けが可愛くて可愛くて言うことなしです。
ぜひDVD化の際はアドリブ部分完全収録の上、マルチアングルで!
アドリブ部分は、私が入ったやつだと、「ギャグソロ村上」が秀逸でした。私がヒナちゃん猫可愛がりモンペ要員なの抜いても彼の頑張りは素晴らしかったと思う。あとメンバーの喜びようも。

07. アダムとイヴ
遊園地を案内してくれるエイトの映像のあと、横倉のセクシーソロ。
まず映像について、全体がそうなんだけど、チャップリンの無声映画のような可愛さと、劇場版セーラームーンの遊園地に連れてかれる子供の話みたいな雰囲気(ピンポイントの癖にタイトル覚えてない&調べもしない不親切さですみません)はイイんだけど、このセトリでその映像楽しめるか!?っていうのが正直疑問。特にアダムとイブなんて耽美なセクシーユニ曲だから、遊園地のメルヘンな流れのあとでみんなどうやって気持ち作ってんの!?三十路の楽しさ→可愛い遊園地案内人の映像→エロソングってどう考えても難しいのでは!?って私は感じたんですけど、みんなどうだったのかな……流れとかどうでもいいから早く横倉のエロい踊り見たい人が多数派だったのかな………まぁ確かに横山さんすげー綺麗だったね……

08. アイスクリーム
どっくんのスタジャン衣装の背中に「ice cream boys club」って書いてあるのクッソ笑った。何その部活。
両サイドからヤンマーが花道を歩み寄って出会ってイチャイチャするところからがこの曲の醍醐味だと思うので、それまでの時間が暇です。

09. 道
丸すば厨のすば担ですが、すべての時間が暇です。
わたしは歌ったり踊ったり、何かしら動いてる(この際、スタミナ切れでバテちゃったりするのも含める!)エイトを見に来ているのに、なぜあなた達ふたりの直立不動を見守らなければいけないの…?
って途方に暮れてたら、相方に「すば担でそういうこと言う人いるんだね!」って笑われた。いるわ!ここにいるわ!(>_<)
CD通りの、いや確かにCD以上にうまくなってたし、圧巻する価値のある歌唱力だとは思いますけど、そういう歌唱力持ってる人がキラキラっとアイドルやるから面白いんじゃないかー!丸すばなんていっっくらでも演出で底上げできる組み合わせだよ!あんな、明日死ぬかもしれない牛だか兵士だかっていう設定を後出しジャンケン(それも会報でな!)されても追いつかないよ〜(>_<)

という訳で、じっと手を見なくても良いすばちゃんソロお待ちしてます。

10. Masterpiece
エイターになって初めてやすばをカッコイイものとして認識した演出でした。
それまではヤスくんが狂信的なすばる信者なだけのコンビだと思っていたので……え、2人してカッコイイ時もあるんだ!?って思った。安田くんが一歩下がらないんでしょうね。素敵と思います。

11. フローズンマルガリータ
名古屋27日、恐れ多くもアリーナブロック最前という神席にいた私は目の前ですばちゃんの腰振りフロマリダンスを食らったのでした。

…神ファンサ!!!!(/ _ ; )

12. ふたつ手と手
すいませんフロマリがエロすぎて記憶がないです。
相方曰く「大倉くんが好きそうないい曲」なのにすいません。ほんと何も覚えてないです。

13. CloveR
きゃっわっゆっ!!
ただ、バクステでやられると柱の位置によって見えたり見えなかったりするからこういうのはみんなが見えるところでお願いしたかったな(・_・;

14. T.W.L
一回でいいから一塁側スタンドに入ってすばちゃんの「君に向かって歌ってんだぜ」で指されたかったんですけど、残念ながら微妙にいつも違う角度から嫉妬してました(怖い)

15. Cool magic city
わたしこの曲の三馬鹿好きなんだ〜!
もうね、急なアクセルでキスさえ奪われたいよね〜!全然奪われたいよね〜!ヒュー!

16. 『 愛 Love You 』(村上ソロ)
数多くの男エイターと一般の心を奪ったKING。
数多くの村上担と村上贔屓のエイターの心をザワつかせたKING。
こういうものも必要と思いますが(だって本人が「売れたい」言ってんだし笑)、わたしそろそろひなちゃんのカッコよくて可愛いソロが見たいなー!dearなんて曲はいいんだからやればいいのに!コインロッカーの前で羽散らかしながら踊らなくても他にいくらでも素敵な演出あると思う!!

17. Butterfly I Loved(大倉ソロ)
大倉担の相方「この曲をサラっとやるなんて(/ _ ; )」

18. 愛以外のなんでもない(錦戸ソロ)
毎回遠目で見てたんですけど、
どっくんにピンスポが当たる瞬間の周囲のキャーってやっぱりなんか他と違う。
相方・私「「サラっとやろうとなんだろうと女は錦戸が好き」」

19. fantastic music!(横山ソロ)
美しい人がなんかひとりで歌ってる!!!!ということに釘付けになるので、この曲本来の見どころとかポイントとか全然関係ないなぁと。
彼はいま、どんな曲やってもただただ美しいだけの生き物ですよ。あの美貌どこまで磨きをかけるんだろう。

20. Revolver(すばるソロ)
重度のアーセナル担のあかさた、まさかの全公演モニターガン見を果たす。
今のすばちゃんがどんな風に歌ってたか全然記憶にないんで、DVD見て反省しなきゃいけないと思っている……

21. アイライロ(安田ソロ)
安田様ァァァァァァ!!!!!
安田様ほんといい歌作るゥゥゥ!!!

22. ワンシャン・ロンピン(丸山ソロ)
変人健在。以上です。

23. 絆奏
ここから三曲に渡って盛大なヤカラメドレーコーナーですね分かります。
パッチぐらいのとき、私はエイトのことを「世界一可愛いDQN」と称した覚えがありますが、あれから幾年か過ぎ、彼らは「世界一可愛い組の人たち」に出世(?)していました。
やっぱり、錦戸の若頭感と三馬鹿の
若頭を見守り育んできた幹部(たたき上げ)感だよね…………

24. 象
世界一可愛い組の人たちがバールのようなものを持って(※マイク)抗争に向かう前に絆を確かめ合ってる歌でした。
正直、思ってたんと違う……!!笑
象ってなんかもっとこう、人生応援してくれてる歌だと思ってたんですけど、完全に争いに行く前の男たちの歌になってた。なんでだ。まぁそれならそれで美味しくいただくけどなんで象でそうしようと思った!

25. キング オブ 男!
結束して抗争に向かったと思ったら今度は内紛始まった。何このアイドル面白すぎる。

26. 好きやねん、大阪
内紛終わったら上着脱いで関西のオバちゃんになった!!えっ!!すごいなもしかして何でも出来るのでは!?

27. ワッハッハー
私がすば担になったきっかけワッハッハー。ワッハッハー出のすば担とか他にいるのか未だに謎。

28. 関風ファイティング
久々に踊った!気がする!

29. あおっぱな
30. へそ曲がり
この辺騒いでてあんまり記憶が…楽しかったと思います!

31. ゆ
この曲もさ〜めっちゃいい歌なんだからもっとじっくり見たかったですけど!
まぁこの後の流れ考えたらここしかないのも分かりますけど!こんだけさらっとするなら今後のツアーでは見れないのかな……ゆ!ゆ!ゆ!ってやりたいのに…………

32. ドヤ顔人生
33. 言ったじゃないか
34. LIFE〜目の前の向こうへ〜
神。神の流れ。
バンド曲を最小限にした今回のツアー。
それだけに、1人ずつ楽器を手に音を奏でていくところが最高に引き立ちます。
冒頭のヨコヒナのところを毎回「夫婦の営み」と呼んでた悪いファンなんですけど(笑)、名古屋初日だったかな?28日だったかな?
ひなちあがピアノとちっちゃって、そこからヨコのことばっかりチラチラチラチラ見てたのがもう、すごい、夫婦すごい……!!!って咽び泣きました。ミスをした自分に焦るんじゃないんだ、それが横山さんに伝播しないかどうか気にしちゃうんだ……そして視線感じてるだろうにまっすぐ前を見て自分の仕事をこなす旦那な。

ゴ、ゴリゴリやんかー!!!(号泣)

ドヤ顔からの言ったじゃないかとか、最高に格好よかったです。ここの流れだけ永遠にリピしたい。
へーちゃん先生大好きだったな…!

唯一あるとすれば、ドヤ顔人生はバンドムビステで見てもカッコよかったと思ってます。

アンコール
35. オモイダマ
36. 無限大
37. ズッコケ男道
オモイダマでひなちゃんが毎回涙目うるうるなんですよ。
それ見てわたしもうるうるなんです。
いとしんご。・゜・(ノД`)・゜・。


ふー…ほぼ感想でしかないけどなんとか書けました!まぁ節々から伝わっている通り、構成にはちょっと文句タラタラすぎるんですが(ごめんなぁこんなエイターで!)、でも、毎年コンサートをやり続けてくれている事には本当に感謝ですよ。早く、もう、明日にでもエイトの現場に入りたい!年々そう思わせてくれる最高で最強のグループです。2015年も楽しみだ!
20:29 こんさーと comments(0)
(シリーズ:去年の話)嵐コン行ってきた。
popcornぶりに嵐のコンサート行ってきました〜!!
嵐の相方ちゃん2人組に会うのもpopcornぶりでした(どんだけ)

以下、コンサートの内容については殆ど書いてないですが、コンサートの感想として投下します。
読んで楽しくなることはまるで書いていません。ヲタクのキモい自分語りに耐性のある方だけ、よければお付き合いください。


☆〜(ゝ。∂)

思えば私はアイドルに自分の人生を決めてもらう癖があり、対嵐に関しては、最もその色が濃いグループないのでした。

嵐を好きになったから、フリーターやってお金貯めて東京に進学できたし、
地元にUターン就職するかいまの会社に入るか迷った時も、嵐の現場を見て決意することができたし、
卒業論文を出したその足で入ったpopcornでは、「旅は続くよ」というありがたいメッセージを受け取った。おかげでジャニヲタのまま社会人になることをわざわざ宣言してまでやってますからね、私。まったく面倒だ!

(先に自己弁護しとくと、人生の全てをほんとうに嵐だけに委ねていた訳ではないし、嵐の人たちからしてみれば私の人生なんて知ったこっちゃないことは分かってるってテイでこれ書いてるからね。ね。。)

ただ、あの頃の私には、嵐は、何をしていても、私の人生を導いてくれる天使に見えていました。それがニノちゃんの言葉でいう、「神格化」なのだと思います。
とにかく、心地よい錯覚をもたらしてくれるには最高の天使たち。この錯覚がなくなる時が、私が嵐を必要としなくなる時、、、っていうとヲタ卒みたいなんですが、「嵐に天使を求めなくても歩けるようになる時」だと思っていました。

そして、その時が訪れました。
でじたりあん。

いいコンサートだったか?って言ったら間違いなく新しい世界を見せてもらったし、デジタルパートと15周年パートの二部構成にしたのは大正解だったと思う。全てが完璧で隙が無い。
そうなるとあとは好みだと思うんだけど、私的にはこれをジャニーズのコンサートと言われたらちょっと違うなって感じがして。
本編パートとメドレーパートの二部構成なんてめっちゃジャニーズの王道なのに、私には違和感があった。やっぱこれファンライトの功罪だと思うんですが、すごく綺麗なんだけど、こっちの盛り上がり無視で切り替え操作されてるのがもうね…。

私にとってジャニーズのコンサートって、ヲタがそれぞれの方法で楽しんでるのを見るのがまた楽しい、ってとこがあるんだけど、あんな均質化されちゃったらもう誰が見ても同じ。
いまの嵐と嵐のファンにはこういう演出が必要なんだろうなとも思います。おかげさまで私もやっと冷静になることができまして(笑)、自分の人生を照らす天使ではない嵐のことも見つめることができるようになりました。

ただ、分かるのと好むのは別でして、私は嵐を自分の人生を照らす天使として組み込んできたので、客席とステージを分断する装置に盛り上がることはできなかったな。
少し寂しいような気もするけど、これからは「翔くんが言ってるんだからそれ全部正義でしょ!でもなんか最近思えない…つらい…櫻井担としての努力が足りない…」とか今思えば訳わかんない辛さを感じなくて済むと思うので、やっぱり、参加できてよかったです。でじたりあん。

また次の嵐の現場があれば、やっぱり私は普通に申し込むし、当たれば見に行きます。
でも、そこに自分の人生を重ねたり結びつけたりすることはもう、できないし、しばらくはしないつもりです。

往生際の悪さには定評があるので、たまに天使としての嵐を求めたり、うまいこと嗅ぎつけて一人で盛り上がったりすることがあるかもしれないけど。
だからこんな、ね、辛気臭い割に結局ヲタ卒も担降りもしていない(笑)感想文をわざわざうpするのってどうなんだ?と思ったんですが、
最近読んだ本でつんく♂さんが、SNS時代になって、アイドルのファンが感想を書かなくなった、フラゲしたジャケットの写メを投下するだけで何をどう感じてんのか分からない、的なことを憂いていたのを読みまして、
どんな荒くて雑で気持ち悪い文でも観た現場に対する感想は残そうと思うようになりました。インターネットがヲタクに与え賜うたものって、こういうライナーノーツになってない私的な長文の貝塚だったはずだった!とか思って。

言葉不足にも感受性不足にもウウウー!ってなってますが、
ひとまずはこの辺で。

嵐、コンサートやってくれて、
行かせてくれてありがとう!


追伸
ディスコスターは2014年観たものの中で一番好きでした。
10:45 こんさーと comments(0)
1/14PAGES >>

管理者ページ